2017年7月28日金曜日

170728

Ruby


nil.to_i

http://easyramble.com/ruby-nil-to-i.html
上記の記事では、nil.to_i がfalse ではなく、0 に変換されtrue になることが使いにくいと書いてあるが、
たまたまnil.to_i が0 になることも上手く利用できる場合があったので記しておきます。

三百二十一を通常とは逆に"123"と書くことにします。
では、例えば万の位は?と聞かれると、
万の位はないからないと答える場合や
"12300"だから0と答える場合もあると思うのですが、
このことはRuby では以下のようになります。

irb(main):001:0> nil.to_i
=> 0
irb(main):002:0> str = "123"
=> "123"
irb(main):003:0> str[4]
=> nil
irb(main):004:0> str[4].to_i
=> 0

0 件のコメント:

コメントを投稿